脱毛サロンのミュゼで取り扱う脱毛機器が、2015年より新しい機械になりました。最新機械のミュゼエクスプレスのマシンは、旧式のマシンとは色々と異なります。旧型の機械はブルーカラーで、照射範囲は狭いタイプです。新しい機械は白色が基調となっているマシンです。新しいマシンも今までのマシンと同じ、イタリアのブランドの機械を使用しています。照射可能な免責が、旧式よりも広めになっています。

一回で照射ができる範囲が広がって、お手入れにかかる時間も短縮にもなります。採用の機械の変更に伴い、しようをするジェルも違います。これまでの専用ジェルは、冷却ジェルのしようでした。マシンでの照射によってジェルが熱を持つことで、お肌にやけどをするリスクもありました。

でも新しい機械になってからは、照射のスピードが速いために、熱がジェルへと伝わらないうちに、脱毛を終わらせることができます。そのため、これまでみたいにジェルを冷やすこともなくなったのです。だから季節は関係なく、冷却ではなく常温のジェルを使うことができるようになりました。特に冬は寒いので、ジェルの冷たさに耐えるのは辛いとか、お手入れを面倒に感じる人にも、優しいお手入れに変わっています。

施術方法についても、古いタイプとの違いがあります。これまでのマシンは1箇所ごとにマシンを当てて、離すのを繰り返して、施術を行っていました。背中や腕などの広いパーツになると、時間がかかります。

新しい機械の場合は旧式のタイプとは異なり、滑らせるように肌へと機械を当てる方法です。ポイントでの照射の方法から、エリアごとの広い範囲での照射ができるようになったのです。